特集:福井トヨタ座談会 SYMPOSIUM

福井トヨタ座談会

福井トヨタ座談会メインイメージ

写真左から、営業:加藤芳恵、営業:辻橋龍則、代表取締役社長:福田竜一、エンジニア:寺島由純、営業:竹澤祐貴

 

代表取締役社長:福田竜一

メーカーは車を作り、福井トヨタは人をつくる。お客様が良い車に出会うお手伝いをするのが我々の仕事です。
代表取締役社長:福田竜一

時代に即したサービスと顧客ニーズに対応する福井トヨタ。

社長:昨今の自動車業界は若者の車離れや、少子高齢化など厳しい環境にある一方で、技術面での革新的な進歩もあり、私はポテンシャルのある市場だと確信しています。皆さんはどのように思いますか?

竹澤:昔は排気量が大きく、ゆとりのある車を求めるお客様が多かったのですが、近年は燃費が良く経済的な車を選ぶ方が増えてきました。ハイブリッド車の車種も増えて選択ができるようになってきましたから。

寺島:最近の車はパソコンを使い診断機をつなげて故障の原因を探ることが多いです。昔のように「見ればわかる」という構造ではなくなっているので、お客様に使用状況などを問診することも重要になり、エンジニアも聴く力を身につける大切さを実感しています。

座談会写真

営業:辻橋龍則

自分が成長できる場、それが入社動機の決め手に。

竹澤:福井県内にはトヨタ・トヨペット・カローラ・ネッツと4つの販売会社がありますが、当社では特に高級車を中心に扱っています。そのため年齢も社会的なステイタスも高いお客様が多いのが特徴です。私は20代でそうした方々と接する機会を持つことが大きなプラスになると感じたことが入社の動機です。

辻橋:私も高級車が好きで目指すなら福井トヨタに、という思いがありました。同じく自己成長につながるお客様との出会いがある点にも惹かれました。

寺島:学生時代「高校生ものづくりコンテスト自動車整備部門」に出場した際の、講師が元福井トヨタの整備士でした。その方への憧れと、入社前のインターンシップ体験で働きたい気持ちを確信しました。

加藤:当社が他のディーラーより女性の営業が多いことに魅力を感じました。福井でずっと働きたい意欲を持っていたので長く続けられる環境かどうかもポイントでした。

座談会写真

 

明るい社風を支える人間関係の良さも自慢。

社長:私は新事業の立ち上げにも携わりました。前例のないゼロからの事業です。軌道に乗せる難しさは創業の感覚に近く、寸暇を惜しんで仕事に埋没する日々でした。大変ではありましたが、こうした経験が糧となり現在の仕事に活かされていると感じています。皆さんも仕事上で成長したこと、あるいは入社して福井トヨタという会社について感じることはありますか?

寺島:先輩は確かに厳しいです。「これやであかんのやぞ」としっかり指摘くださり、良い時には褒めてくれる良い人ばかり。目標の先輩に追いつき、いつか超えたい。

竹澤:先輩方と一緒に食事やゴルフに行ったり、年齢や職種ごとの垣根は無く社内の雰囲気はとてもいいです。明るい社風はお客様にも伝わり、「福井トヨタは社員同士、良い雰囲気だね」と言われたこともあります。

社長:当社社員は使命感や責任感が強く仕事にも没頭しますが遊ぶときは思いきり遊ぶ、オン・オフの使い分けが上手い人が多い。何かをやろうとした時のエネルギーやまとまり感の強さに私も驚かされます。

座談会写真

営業:竹澤祐貴

情熱や目標を持つことが次の高みへの礎に。

社長:私は同じ職場で働く仲間として、何かに没頭してきた経験や夢や目標を持っている人を採用したいと考えています。最後に、皆さんの夢や目標を聞かせてもらえますか?

竹澤:数字を追求することももちろんですが、年数を重ねると忘れがちな謙虚さや素直さを忘れず、車よりも自分自身を選んでいただける営業スタッフになりたいと思っています。

寺島:まずはエンジニアリーダーになるために経験を積み、診断能力をアップさせたいですね。お客様に「この人に任せれば大丈夫」と信頼して指名していただけるようなエンジニアになることが目標です。

座談会写真

写真左から、営業:加藤芳恵、営業:辻橋龍則、代表取締役社長:福田竜一、エンジニア:寺島由純、営業:竹澤祐貴

辻橋:仕事とは直接関係ないのですが、私がUターン就職しようと思ったのは、成し遂げたいことがあったから。小さい頃から続けていた地元の郷土芸能太鼓が途絶えてしまって…。いつか仲間たちと再興できたらという思いを持っています。仕事上では商談の回数を増やし、どんなお客様にも満足いただけるよう、提案力のある営業スタッフになりたいです。

加藤:私は車に関する知識を深めるため、分からないことは先輩や車に詳しいお客様に教えていただきながら素直に聞く姿勢を忘れず、吸収していきたいです。

社長:そうですね。素直に人の話を聞ける人は、お客様とも感動を共有できる人だと思います。私自身「いつまでも好奇心旺盛でいること」「チャレンジ精神を忘れないこと」「目標をはっきり持つこと」、この3点を大切に前に進みたい思いです。トヨタ傘下で慟けるありがたみと、我々がトヨタを支えているという自負や責任感を持ち、メーカーと販売店が一心同体になれば、まだまだ成長できると信じています。これからも、ぜひ一緒に頑張りましょう!


福井トヨタ自動車株式会社

〒918-8017 福井市下荒井町19字50番地

お問い合わせ
0776-38-0011(代表)

©2018 - 2019 Fukui TOYOTA All rights reserved.